うまく離婚する方法

うまく離婚する方法

妻と離婚したいと思ったことはありませんか。
歳をとってダラしない身体になってしまったアラフォーの妻よりも20代の若い女性の方が
良くなってしまい離婚して若い子と付き合いたいと思うことがあるかもしれません。

 

実際に妻と離婚する場合、気になるのは世間体と慰謝料、養育費についてでしょう。

 

男としてのメンツを保つには離婚の理由を相手のせいにすることが大事になってきます。
自分が他の女を好きになったからという理由では、周囲からは単なる浮気男と見られてしまいます。そういったリスクをなくすためにも、普段から妻のアラ探しをして悪い点を探さなければなりません。例えば妻が子育てをサボったり家事を全然やらないなどの問題があれば、離婚理由の一つになります。

 

また慰謝料についてですが、これは自分と妻とでどちらの収入が多いかで決まります。
結婚後に自分の方が収入が多いケースでは、妻に完全な非がないかぎり自分が慰謝料を支払わないといけなくなってしまいます。ですので、妻が浮気していてその証拠を持っていない限り金銭面では苦しくなってしまいます。逆に妻の方が収入が多いケースでは、慰謝料を払う必要がなくなってきます。離婚をしてもお金を支払う必要がなくなってきますので心配はありません。

 

最後に子供がいる場合の養育費ですが、やはり自分の子供ですので養育する義務が発生します。
離婚後のことを考えて、子供に対する経済的な援助は惜しむべきではありません。また親権についてですが、自分に非があって離婚をする場合は子どもと会うのが難しくなることがあります。
離婚専門の弁護士と相談して、うまく親権を勝ち取りつつ慰謝料を払わないように離婚理由を妻のせいにするための戦略を練るのが賢いやり方と言えるでしょう。

 

上手く離婚する方法